業務案内

『T-plus』は塗床工事および防水工事のプロフェッショナルとして、名古屋市を拠点に東海三県で活動しております。
店舗、工場、マンション、戸建て住宅など、建物の規模・用途を問わずご依頼を請け負っています。
経験豊富なスタッフによる熟練の技術で、ご依頼主さまにご満足いただける施工を追求しております。

弊社の採用に興味をもたれた求職者さまは、最下部のバナーより「採用情報」と「施工実績」もぜひご覧ください。

塗床工事

塗床工事では、建物の室内におけるコンクリートや下地を保護するため、合成樹脂などによって表面をコーティングしていきます。特に、台車やフォークリフトなどの衝撃がかかりやすく、清潔さや耐薬品性が求められる各種工場にとっては必要不可欠な工事です。
実際の現場では下記のような工夫をこらし、クリーンで機能的な床面を確実に実現しております。

■表面の凹凸をなくし、台車やフォークリフトが通りやすい平面に仕上げる。
■工場などの現場では、使用される薬品にも強い性質の塗床材を使用する。
■破片や液体などが落ちていれば事前に取り除き、床面の状態を整える。
■施工する箇所に応じて、静電気の帯電を防止するための策を講じる。
■通路や作業場など、場所によって塗床材を使い分ける。
■施工中にこぼしてしまった部位は速やかにふき取り、迅速に床を乾かす。
■確実に乾くまで経過を管理し、滑りなどの不具合を確実に防ぐ。

防水工事

建物における防水工事にはさまざまな工法がございます。なかでも弊社が中心的に行なっている施工は以下の2つです。

■ウレタン防水
ウレタン材を使用し、屋上やベランダの床面など、屋外の箇所を防水処理するのに適しています。施工する際には事前に表面を掃除し、まず下地処理を行ないます。次に、「プライマー」と呼ばれる下塗り塗料をローラーで塗った上にウレタン材を複数回塗ります。そして、トップコートで仕上げれば完成です。弊社ではX-1(絶縁工法)や X-2(密着工法)に対応しております。

■FRP防水
プールや屋上の床面に加えて、室内の浴室など水まわり設備にも適している工法です。ローラーをプライマーで塗ることはウレタン防水と同じですが、そのあとに防水用のガラスマットを敷きます。そして、上からポリエステル樹脂を複数回塗って完了します。

採用情報

施工実績